FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←事件想起 1 →もう一度夢を見る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 作品のご紹介
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 土方歳三
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 沖田総司
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 原田左之助
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 斉藤 一
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 風間千景
総もくじ 3kaku_s_L.png 四季綴り-薄桜鬼異聞
もくじ  3kaku_s_L.png 鏡花水月
総もくじ 3kaku_s_L.png イケメン幕末
総もくじ 3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 宝 箱
総もくじ 3kaku_s_L.png その他二次
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png イベントレポ
総もくじ 3kaku_s_L.png うさぎの芸術部屋
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)

事件想起 3

 ←事件想起 1 →もう一度夢を見る

*このお話は、グリーンさんとのリレー小説第8話ですww
  第7話はこちら → http://green11984.blog.fc2.com/blog-entry-232.html


えーと。

千鶴はもじもじと膝を動かした。

広い座敷の中。室内の調度品は派手ではないが趣味が良く、千鶴でも一目で高価な品だとわかるものばかりが並んでいる。
何気なく掛けられた掛け軸ひとつをとっても、きっととんでもない値段なのだろう。
こうして座っている座布団もふかふかだし、出された茶器も上品な品だった。

屯所とは大違いだな。

それが千鶴の素直な感想だった。

ひとしきり部屋の中を見渡していた千鶴の視線が、目の前に座っている男に止まる。
男は寛いだ様子で茶をすすっていた。

誰だろう、この人。

そんなにじろじろ見ていたわけではないのだが、千鶴の視線に気付いた男が顔をあげた。
目が合ってしまって、千鶴は咄嗟に目を逸らした。

「-寒くねえか?なんか羽織るもの、持ってきてやろうか?」
男の穏やかな声に、慌てて千鶴は首を振る。
「だ、大丈夫です!お気遣いなく!」
「そうか?」
千鶴の答に、男はにっこりと笑った。会った時と同じ、好感のもてる爽やかな笑顔。
どことなく原田に似ているな、と千鶴は思った。

「あの、桂さん・・・でしたよね。」

男-桂の人の良さそうな笑顔につられたわけではないが、千鶴は思い切って声を掛けた。
桂は笑顔を崩さない。

「あの、私になんの御用なんでしょうか?そろそろ帰らないと、屯所の皆さんが心配されますし・・・」

屯所の中庭に、突然姿を見せたこの男-桂。
彼にここまで連れて来られてからどれくらいの時間が経ったのだろう。
すでに日は落ち、外は真っ暗だ。
誰にも何も告げずに屯所を出て来てしまった。きっとみんなは心配しているだろう。

でも。
どうして素直について来てしまったんだろう。

今さらながら、千鶴は自分自身の行動に首をかしげる。
別に桂は千鶴を脅したわけではない。ただ一言、「ちょっと一緒に来てくれねえかな」と言っただけだ。
もちろん初対面の男だ。警戒しなかったわけではないが、理由も聞かずについてきてしまった自分が不思議だった。

屯所を出てからも、桂は千鶴に手を触れることはなかった。むしろ夕暮れの町を警戒して、千鶴を護るように傍に寄り添ってくれていた。
一度だけ。この屋敷の近くまで来た時に、「すまねえな。ちょっとだけ目隠しさせてくれねえか」と言われた。
おそらくここがどこなのか-かなり名のある人間の屋敷に間違いはないだろうが-千鶴に知られたくなかったのだろう。
本当に申し訳なさそうに言う桂に、千鶴は黙って頷いたのだった。

なんで逃げなかったんだろう。
屯所で大声で叫べば、土方や総司が駆け付けて来てくれただろうに。

そう自問自答するものの、答を見つけることは千鶴には出来なかった。

「俺も早く帰してやりてえんだけどなあ。」

その言葉は本心なのだろう。
千鶴の言葉に、桂は困ったように苦笑した。

その時。廊下に続く障子が静かに開いた。

「-なんだ、そいつは。」
「遅かったじゃねえか、高杉。」

高杉と呼ばれたその男は、千鶴を訝しげに見下ろしていた。


*こうなりゃヤケクソよww
 なにがどうなるか、書いてる本人も皆目わからねえっ!
 グリーンさん、続きよろしくねーっ!!

 


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 作品のご紹介
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 土方歳三
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 沖田総司
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 原田左之助
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 斉藤 一
総もくじ 3kaku_s_L.png 薄桜鬼 風間千景
総もくじ 3kaku_s_L.png 四季綴り-薄桜鬼異聞
もくじ  3kaku_s_L.png 鏡花水月
総もくじ 3kaku_s_L.png イケメン幕末
総もくじ 3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 宝 箱
総もくじ 3kaku_s_L.png その他二次
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png イベントレポ
総もくじ 3kaku_s_L.png うさぎの芸術部屋
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

まじすか…!!
いや、高杉は来ないと勝手に思ってたんです。多分生きてないだろうしw
でも、そうですか出しましたかw
さすがうさぎさん!困ったなこりゃ!(≧∇≦)

>屯所とは大違いだな

失礼なww
見た目より中身さ!千鶴ってばまだまだお子様ねっ

>どことなく原田に似ているな

ニヤけたっすー!
これ千鶴の心の声っていうか、私達二人の声ですよねw

>千鶴を護るように傍に寄り添って

桂、かっけー\(^o^)/
なんなんだろうこのジェントルマン。
シルクハットかぶっててもおかしくない!

>なんで逃げなかったんだろう

ほんとだよ!そこは今回で明らかにしといてくんないと私が、私が…!!w

で、高杉きちゃったよこれw
いやー参ったぜ。大した理由が思いつかないぜ!

グリーンさん 

>多分生きてないだろうしw

はっ!!
そういえばそうだっ!!
これはいつの話なんだ・・・(汗)
全く考えてなかったぜww

まあ、そこはご都合主義で(笑)
深く追求はしないでおきましょう♪

>私達二人の声ですよねw

ですね!
いつのまにか私らのアイドルだもんね!

>なんなんだろうこのジェントルマン。
>シルクハットかぶっててもおかしくない

やばい。
この一言で、タキシード仮面さまを思い出してしまった!

>いやー参ったぜ。大した理由が思いつかないぜ!

お任せしまっせwww

NoTitle 

バトン回すの早すぎますか??
申し訳ない!
http://green11984.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

タキシード仮面ウケるww

NoTitle 

あ!ごめん嘘!
入れたかった一文入れ忘れてたw
ちょっと待っててください!(>_<)

NoTitle 

付け足し完了!失礼しました(^^;
URLは同じです!

グリーンさん 

アップありがとうございます!
さっき読んできました♪

>あ!ごめん嘘!

これ、なんか笑えたww

>バトン回すの早すぎますか??

続きが早く読めて嬉しい!
が、私の想像力が追いついてない・・・

続き、しばしお待ちくださいませ(汗)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【事件想起 1】へ
  • 【もう一度夢を見る】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。