FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年12月  】 

聖夜-白い誓-

恋するふたり(短編)

2015.12.31 (Thu)

 朝から冷えると思っていたら、案の定陽が沈む頃には天から白いものがちらつきだし夜半には 辺りはすっかり銀色に染まっていたこれはそんな夜のこと暗闇に舞う白い欠片に思わず手を伸ばしたものの掌に感じる刺すような冷たさに顔を顰める掴んだ、と思ったこの手に確かに掴み取ったとけれど 広げた掌には何も残ってはいないこれが現実かなにを今さら、と自分を叱咤するこうなることは百も承知だったわかっていて、それでも自分で選...全文を読む

ご挨拶

雑記

2015.12.31 (Thu)

 今年も残すところあと1日となりましたねー最近は時間が経つのがすっごく早く感じられてあっという間に1年が過ぎた気がしますそして今日は大晦日で年末年始のお休みもあと4日しかないっ!!なーんにもせずに終わってしまいそうな予感がひしひしとwこれではいかん!いかん!とは思うけれども、結局なにもせずに過ぎるんだぜきっとwwあ。いやいやこんな話をしてる場合じゃねえし拙宅へ遊びに来て下さったみなさま1年間ありがとうご...全文を読む

銀狼ブラッドボーン

うさぎの図書館

2015.12.28 (Mon)

 今日紀伊国屋行って、偶然見つけたこの本!すっげーハマった!!裏サンデーってご存知ですかねWEB漫画のサイトらしいんですけど、そこで連載されてる作品です私はWEB漫画は読みにくい&漫画は保存しておきたい派なので単行本を買いましたけど買って良かった―!!!平置きしておいてくれた紀伊国屋の店員さんに御礼を言いたい!!あのねお話は架空の国(ちょっとイギリスっぽい感じ)が舞台なんですけどねほんの十年前までは「吸血...全文を読む

聖夜-白い影-

それは恋という名の(短編)

2015.12.26 (Sat)

 朝から冷えると思っていたら、案の定陽が沈む頃には天から白いものがちらつきだし夜半には 町はすっかり銀色に染まっていたこれはそんな夜のこと-季節柄仕方がないとはいえ、こう寒くては刀を握る手も悴んでしまうかといって、いざというときに刀を握れないようでは話にならない一瞬の隙が命取りになるこの身だもっと鍛錬せねばと思い、刀を手にしたものの屯所の庭先では人の出入りが多い上に、余計な雑事が舞い込むこともしばし...全文を読む

聖夜-白い嘘-

それはきっと恋だった(短編)

2015.12.25 (Fri)

 朝から冷えると思っていたら、案の定陽が沈む頃には天から白いものがちらつきだし夜半には 町はすっかり銀色に染まっていたこれはそんな夜のこと-なんで僕がこんなこと しなきゃいけないんだろうせっかくの非番なのにすっごく寒くて しかも雪まで降ってるっていうのにこれが近藤さんのお使いとかなら喜んでいくけどさなんで僕が君のためにこの寒い中 外に出かけたりしなきゃいけないのさまったくほんとに君って手がかかるよね...全文を読む

6 深く澄んだまなざしに

君に恋をした-桂小五郎の恋-

2015.12.24 (Thu)

 わたしの生まれた村は、山の奥のそのまた奥で冬には雪に埋もれてしまう小さな小さな集落でわずかばかりの田畑に実るささやかな穀物が生きていく糧でお世辞にも裕福な家ではなくて父と母が耕すだけではたいした収穫にはならず妹弟たちはまだ幼くて村のほとんどはそんな家でだから、娘が町へ働きに出ることは珍しいことでもなんでもなかった別れの日の朝 父がなんと言ったかはもう覚えていないけれど峠の境まで走って追いかけてきた...全文を読む

ああどうしよう・・・

イベントレポ

2015.12.23 (Wed)

 あのね。うさぎが10月に大阪のイベント行ったの、皆さんご記憶でしょうかね声優さんイベントでゲストがツダケンで。うさぎの「ああ帰りたい病」が発症したあのイベントですよあれ、今度は九州であるんだよー!!!もちろんゲストはツダケンで、トークショーとサイン会なんだけどさなんと今回は「お年玉イベント」があるの!じゃんけん大会で勝てば、ツダケンからプレゼントがもらえるのー!!!やだやだどうしようツダケンからプレ...全文を読む

どこか遠くの陽が落ちる

恋するふたり(短編)

2015.12.22 (Tue)

 生きたいと思う理由ができたおまえが傍にいてくれるから 今の俺はまだ生き続けたいと思えるんだ灯りの落ちた部屋の中、窓を叩く風の音に混じって聞こえる規則正しい息遣いに土方は僅かに口端をあげた静かに身を起こし、自分の腕の中で眠る愛しい女の寝顔をじっと見つめる一糸纏わぬ柔かな白い肌には、ふたりの夜の名残りが浮かび上がっていてそのひとつひとつにもう一度くちづけたい衝動に、我ながら節操が無いなと苦笑したこんな...全文を読む

揺れる髪に

恋するふたり(短編)

2015.12.21 (Mon)

 わずかに開いた障子戸の隙間から漂う香りに手を止めた初めてではない 確かにこの香りは知っているけれど なんの香りだったか思い出せない花?それとも焚き染めた香?そのどちらでもあるようにも思えるがはっきりとはわからない強い匂いではないどちらかと言えば控えめな それでいて忘れがたいような不思議な匂いにまるで誘われるかのように腰をあげる縁側に出ると 真冬の凍てつく風が足元を浚ってゆくその冷たさに思わず顔を顰...全文を読む

D.Grayーman

うさぎの図書館

2015.12.20 (Sun)

 ご存じですかねえ「D.Gray‐man」 略して「Dグレ」もとは週刊少年ジャンプで連載されてたんですけどねアニメにもなってますその後、あっちゃこっちゃの雑誌に移り、連載→休載を繰り返し。今じゃ、どこまで話が進んでるのかわかりゃしねえwwが!今回新たにアニメ化だそうで!アニメも途中で終わっちゃってる感じなので、続きからなのかあるいはリメイクになるのかはわかりませんけど舞台は仮想の19世紀ヨーロッパ「機械」「魂」...全文を読む

前月     2015年12月       翌月

Menu

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
こんにちは。うさぎと申します。
拙い小説をちまちまと書き綴っては自己満足に浸っている未熟者ではございますが、よろしくお願いいたします。

最新記事

カテゴリ

メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ!

検索フォーム

QRコード

QR