FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

それが恋だと知るまえに

それはきっと恋だった(短編)

2015.11.30 (Mon)

 ひんやりとした感触に目が覚めた重い瞼を開けると 視界には見慣れた-いや、見飽きた天井眺めすぎて この頃では天井の節まではっきり見えるようになってきた気がするそんな代わり映えのない視界の端に色が動き、ようやく僕は視線を動かす「ごめんなさい。起こしてしまいましたか」耳に届いたのは 柔かな君の声そこで僕は気付く手首に感じた冷たさは 君の掌の感触だということに-ってなんで君の手 そんなに冷たいのさ言葉には...全文を読む

GANGSTA来たあーーーーーっ!!

イベントレポ

2015.11.28 (Sat)

 お待たせしました。って誰も待ってねえけどさwGANGSTAのイベント抽選、当たったよーーーーーーっ!!あのねあのねGANGSTAのDVDにねイベントチケット応募券が入っててね!!もちろんDVDも欲しかったんだけど、応募券目当てに買ったのよ―でねでね第1巻は「昼の部」の応募券が入ってて、それは見事に落選したんですけどね第2巻の「夜の部」の抽選がねなんと!当たってしまいましたがな!!どうしようどうしようどうしようまさか当た...全文を読む

幸せのかたち-彼目線-

ちーさまと私2

2015.11.28 (Sat)

 玄関を開ける前から漂っていた匂いの元が 火にかかっているなにがそんなに楽しいのか鼻歌混じりに菜箸で鍋の中身をつついているおまえを横目に 俺はいつもの椅子に腰をおろした俺が外から戻ると おまえは「お帰りなさい」と笑顔で迎えるもののこれまで一度たりとも 行く先や理由を聞いたことはないあれこれと詮索されるなど真っ平だから おまえのそういうところは気に入っているが俺のことが気にならぬのかと思わんでもないむ...全文を読む

お知らせ

雑記

2015.11.27 (Fri)

 いつもご訪問ありがとうです!そしてそしてコメントや拍手、本当に励みになります!・・・なんですが。ちょいと事情がありまして当分の間、コメントは承認制にさせていただきますですので、コメントいただいてから承認させていただくまでタイムラグができちゃいますがどうかご容赦くださいませー今回の承認制はこれまで訪問いただいて、コメントいただいている方にはなんの関係もない事情でのことですですので遠慮なくコメってくだ...全文を読む

番外編 あの約束を僕はきっと守れない

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)2

2015.11.27 (Fri)

 *ぐりんたんとのリレー小説 「後日談」の後日談の後日談w別名「総司の不憫物語」  嫌だー!と言う方はどうかスルーをばあの約束 覚えてる?ごめん 僕は約束を守れないかもしれないだから はじめくん 僕を責めていいよあの時 はじめくん言ったよね彼女を泣かせたら許さないって別に 彼女を泣かせたいわけじゃない出来ることなら僕だって彼女にはずっと笑顔でいてほしいだけど きっと僕は彼女を泣かせる泣かせてしまう絶...全文を読む

番外編 隣で笑ってくれるなら

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)2

2015.11.26 (Thu)

 *ぐりんたんとのリレー小説 番外編 「後日談」の後日談w知っていた わかっていたそう言ってしまうことはおこがましいかもしれないがまして さほど色恋の経験があるわけでもないけれど目を見ればわかる 相手が何をもとめているのかはだからおまえが俺になにを求めていたのかも初めからわかっていたわかっていて 気づかぬふりをしていたこの居心地の良さを手放したくなくてそんな眼で見るなおまえが気に病む必要などないこう...全文を読む

幸せのかたち

ちーさまと私2

2015.11.25 (Wed)

 朝 ふらりと出て行ったちーちゃんが戻ってきたのは日も暮れるころだったどこへ行くの どこへ行ってたのなんて事は これまで一度も聞いたことはない気にならないわけじゃないけど聞いたところで教えてはくれないだろうしそれにどこへ行っても ちーちゃんは必ず帰ってきてくれるからだからわたしは寒い外から帰ってくるちーちゃんのために温かいごはんを作る今日は 昨日から仕込んでおいたおでんことこと煮込んだから もう味も...全文を読む

第92話 凩(こがらし)

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)2

2015.11.24 (Tue)

 *こちらはぐりんたんとのリレー小説 第92話 です  これまでの流れは一切関係ないものとして読んでくださーい(≧▽≦)  ぐりんたんのお話はこっちから → 第91話 resetいつものように屯所の前を箒で掃いていると見覚えのない女に声をかけられ手を止めた「これをお渡しいただけますか」ほんの少し頬を染めながら小さな包みを差し出す女に、千鶴はにっこりと笑いかける長州贔屓が多い京の町では、新選組は「壬生狼」と恐れられ忌...全文を読む

番外編 後日談

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)2

2015.11.23 (Mon)

 *ぐりんたんとのリレー小説  第91話 reset の後日談ですw 趣味だけに走ってます(*'ω'*)その1 総司と千鶴瞼を開けた瞬間 視界に飛び込んできたのは 夜色の宝玉だったえ、と目を瞬かせると それは宝玉ではなく「大丈夫か」ふわりと 温もりが肩を包む間近に感じる懐かしい香り愛しい人の心配そうな声に 涙が溢れた愛しい人が 泣いているけれど その涙を拭い 宥めるように肩を抱いているのは自分じゃない「・・・これ...全文を読む

夢一夜

それは恋という名の(短編)

2015.11.22 (Sun)

 知らぬ相手、ではなかったでは親しいのかと問われればそうだ、と答えられるほどでもなく名を知っている顔を知っている会えば声をかけることくらいはするそれだけの関係だったそれだけの関係で終わるはずだったあの夜がなければいつもより酒量は多かったかもしれないけれど 酔っていたわけではないむしろ 呑めば呑むほど意識ははっきりとしてひとり またひとりと 座敷を出てゆく馴染みの女のところへ行く者もいればまっすぐ屯所...全文を読む

前月     2015年11月       翌月

Menu

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
こんにちは。うさぎと申します。
拙い小説をちまちまと書き綴っては自己満足に浸っている未熟者ではございますが、よろしくお願いいたします。

最新記事

カテゴリ

メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ!

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。