FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

ぬくもり

万華鏡-想いの欠片-

2015.03.31 (Tue)

 その日、江戸は雪だった。明け方から降りだした雪は止むことを知らず、風はなくともその空気の冷たさは体の芯まで凍えさせる。降りしきる雪の中、紫苑は屋敷に戻って来た。吐く息は白く、逆に手はかじかみ、赤く染まっている。足先の感覚はすでにないほど体は冷え切っていた。ようやくたどりついた玄関先で体についた雪を振り落とし身なりを整えると、紫苑は、それでも迷うことなく高杉の部屋に向かう。自分の体を温めることなど頭...全文を読む

総司の恋物語8-好きにすれば-

総司の恋物語(リクエスト企画)

2015.03.30 (Mon)

 「なんであいつはあんなに機嫌が悪いんだ?」いつも不機嫌な顔をしている新撰組副長がそう言ってしまうほど、一番組組長の機嫌は悪かった。土方がそう言うのも無理はない。総司の不機嫌は今日だけではない。ここ数日-斉藤によれば、一番組が昼の巡察当番だったあの日からずっと続いている。もともと天邪鬼で皮肉屋で人の神経を逆撫でする男ではあった。それはそれではた迷惑ではあるのだが、本人自身もその状況を楽しんでいるから...全文を読む

勝負の行方

イケメン幕末 土方VS高杉

2015.03.29 (Sun)

 *こちらは「イケメン幕末イベント 紅白戦」の特典ストーリー「土方&高杉&山崎編」の続き捏造ですww「夜が明ける前には山崎を連れて戻ってくる。」「旨い酒を用意して待っていろ。」そう言って、二人は夜の町へと消えて行った。近藤がいるということで、新撰組の屯所があちらの本陣になっている。対する土方たちは、霧里が住まう島原の郭を本営としていた。「で?どうするんだ?」街角に身を潜め、屯所の門を見ながら高杉は低...全文を読む

第42話 望春花

薄桜鬼 (feat.グリーンさん)

2015.03.28 (Sat)

 *こちらはグリーンさんとのリレー小説 第42話(!)ですw お話としては第39話 子供はつらいよ の続きでーす。 第41話はこっち → 欲しいものはなんですか見上げると、白い花が陽の光を受けてきらきらと輝いていた。近藤に頼まれた買い物の帰り。歩きなれた、見慣れた道だったが、通り過ぎようとした寺の境内から甘い香りが漂ってきて、千鶴は足を止めた。香りに誘われるまま足を向けた境内は、真っ白な花が咲き乱れる木々...全文を読む

鼓動は思うより正直で

それはきっと恋だった(短編)

2015.03.27 (Fri)

 「君なんか好きじゃないから。」総司がそう言うと、千鶴は驚いたように目を瞬かせた。けれど、すぐに口元に笑みを浮かべる。「知ってます。」そう言って。それから、何もなかったように総司の腕を取った。「好きとか嫌いとか、関係ありませんから。」千鶴にしては珍しいほどきっぱり言い切って、慣れた手つきで濡れた手拭いで総司の身体を拭いていく。肌蹴た着物からのぞく肌を見ても顔を赤らめることなく。それは、総司のほうが戸...全文を読む

ぎこちなく微笑んで

恋するふたり(短編)

2015.03.26 (Thu)

 雨音で目が覚めた。宵の口から降り始めた雨は、夜半を過ぎても一向に止む気配はない。明日も雨か。土方は布団の中で寝がえりを打った。たまった仕事を片付けて、ようやく寝床に潜り込んだのがつい半刻ほど前のこと。明日もやらねばならぬことが山積みだし。もう一度寝なおすか、と土方は目を閉じた。と、雨音に混じって別の音が耳に届き、土方は意識をはっきりと覚醒させた。無駄のない身のこなしで布団を出て、枕元の刀を手にする...全文を読む

こんなに近くにいても

それはきっと恋だった(短編)

2015.03.25 (Wed)

 -殺して下さい。山南の震える声が耳に届いた。その手が千鶴の腰の小太刀にかかる。千鶴はとっさに手を掴んで止めようとしたが、千鶴の力くらいでは山南を止めることなどできなかった。変若水を呑んだ山南だったが、それでもまだ意識を保っていた。薬の影響で自分が「人」でなくなる前に殺してくれ。それが山南の望みだった。「山南さん!」必死で山南を止める千鶴の脳裏に浮かんだのは、ある名前。考える間もなく、千鶴はその名を...全文を読む

ふたりの背中

イケメン幕末 土方VS高杉

2015.03.24 (Tue)

 *こちらのお話は、イケメン幕末イベント「紅白戦」の特典ストーリーベースです。 ネタバレしてますので、ご注意を!路地裏で。山崎さんと高杉さんが言い争いをしていた。言い争うと言うよりは、高杉さんが一方的に詰めよっていて、山崎さんが困り果てている、ようにも見えたのだけれど。「なにやってんだよ。」土方さんが声をかけると、山崎さんが縋るような目をして振り返った。私たちの存在にはとっくに気付いていたのだろう。高...全文を読む

買っちゃった・・・

雑記

2015.03.23 (Mon)

 昨日ね。改装したての大型書店に行ったらね。あら?何かが私を呼ぶわvあらあら?こんなところにとんでもないものがひっそりとw・・・で。買っちゃったよ(汗)薄桜鬼SSLコミックスチビキャラたちが縦横無尽に走り回る(どんな表現じゃw)もう絶叫モノでございまする♪ゲームのSSLやったことなくても全く問題なし!衝動買いだけど、後悔はないぜ!!...全文を読む

総司の恋物語7-別にいいけどね-

総司の恋物語(リクエスト企画)

2015.03.22 (Sun)

 「最近、あの子来ないね。」平助は何気なく言ったんだろうけど。その一言は僕の神経を逆なでした。だって。それは僕も思ってたことで。でも。考えないようにしてたことでもあって。それなのになんで平気で言っちゃうのさ。こういうとこが平助の鈍くさいとこっていうか。ホントに間が悪いよね。きっと、僕が思いきり頭を殴った理由にも気付いてないんだろうね。「いってえっ!何すんだよ総司!」・・・やっぱり気付いてないし。教え...全文を読む

前月     2015年03月       翌月

Menu

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
こんにちは。うさぎと申します。
拙い小説をちまちまと書き綴っては自己満足に浸っている未熟者ではございますが、よろしくお願いいたします。

最新記事

カテゴリ

メールはこちらへ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ!

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。